2022年11月30日水曜日

開催案内 RCJJ2023予選会

 下記3リーグについて、ロボカップジュニア・ジャパン2023名古屋への推薦チームを選抜するために 全国統一でのオンライン予選会を以下の要領で開催いたします。

対象競技

  1. Rescue Simulation(Webot-Erebus)
  2. CoSpace Rescue
  3. CoSpace Autonomous Driving

開催要領

    開催日時:    2023年2月4日(土) 
    開催場所:    オンライン  (運営本部は、阪神ブロック大会会場他に分散設置)
    参加申込:    エントリフォーム    申込締切:    2023年1月15日(日) 正午まで
    参加費:        5,000円/チーム (但し、1人参加の場合は、3,000円/チーム)   

                     2023年1月20日(金)までに、阪神ブロック指定口座へ振込のこと。
      振込先口座番号、振込要領はエントリ確認後、別途指示。

参加資格

  • メンバー全員が,19歳以下(2023年7月1日時点) であること。
    年齢下限の制限は設けません。ただし、下記の点に留意してください。
    • インタビューで、自分のロボットの事に関する質問に答えることができず、「自分で作製していない」と判断された時は失格になることがあります。
    • ロボカップ2023世界大会の年齢対象外のメンバーは世界大会への推薦は受けられません。※年齢制限14歳以上19歳以下。(2023年7月1日時点)

  • 複数のリーグへの重複エントリのないこと。
  • メンター(教師、保護者、その他責任のとれる大人)がいること。
  • チーム人数は、2名以上、4名以下のこと。
     (但し、Autonomous Drivingはデモ競技につき今回は1名での参加も可とする。)
  • メンター、チームメンバー全員が同意書(エントリフォームに添付)を承認すること。

全体スケジュール

  講習会(オンライン)      2022年12月中旬頃(調整中)
    エントリ締切 :            2023年1月15日(日) 正午
    参加費振込:                2023年1月20日(金)
    事前Webテスト:          2023年1月21日(土) or 22日(日)
    予選会                        2023年2月4日(土)
    推薦チーム確定            2023年2月11日(土)までに連絡


競技実施要領

Rescue Simulation(Webot-Erebus)

適用ルール

   RoboCup2022オンライン世界大会のルール

シミュレーター

(推奨環境)           Webots: 2021a        Erebus: Ver. 21.2.3            Python 3.9

開発環境、サンプルプログラム他、解説(英語)

https://erebus.rcj.cloud/docs/installation/

(日本語版解説は、記参照)

  ErebusSimulation資料.pdf

競技方法

参加チームからプログラム、走行体情報、設定環境情報を提出いただき、技術委員会のシミュレータでの実行結果により、高得点のチームを上位とする。同点の場合は、競技時間の短いチームを上位とする。

なお、大会前に トライアルとして、プログラムを提出いただくこともあります。(別途連絡)


CoSpace Rescue

適用ルール

   RoboCupJunior Simulation (former CoSpace)Rules 2021

(必要に応じて技術委員会よりローカルルールを加える可能性があるが変更については適宜案内します)

シミュレーター

下記Simulatorを各自ダウンロード
NEW CoSpace Rescue Simulator 2022 V22.8.3.6 

https://www.cospacerobot.org/download/documents/category/1-software

 

競技方法
 下記により、当日、チームから提出資料に基づき、高得点のチームを上位とする。

予選会進行案

  1. zoomに入室
  2. 競技説明(zoom. ID・パスワード等後日メールで連絡)
  3. マップダウンロード(Google Drive)
  4. マップインストール
  5. プログラミング(3時間から3時間30分)時間厳守
  6. ファイルの提出(dllファイルと、競技の動画(8分))


CoSpace Autonomous Driving

適用ルール   (2022.12.03更新)

(必要に応じて技術委員会よりローカルルールを加える可能性があるが変更については適宜案内します)

シミュレーター

下記Simulatorを各自ダウンロード
RCAP CoSpace Auto-Driving 2022 V22.4.3.9 

https://www.cospacerobot.org/download/documents/category/1-software

 

競技方法
 下記により、当日、チームから提出資料に基づき、高得点のチームを上位とする。

予選会進行案

  1. zoomに入室
  2. 競技説明(zoom. ID・パスワード等後日メールで連絡)
  3. マップダウンロード(Google Drive)
  4. マップインストール
  5. プログラミング(3時間から3時間30分)時間厳守
  6. ファイルの提出(dllファイルと、競技の動画(8分))



 

2022年3月24日木曜日

Rescue Simulation(Webots-Erebus )  デモンストレーション参加チーム募集

既にブログ等でご案内している通り、世界大会でのRescue SimulationWebots-Erebus platform になることがアナウンスされました。今年の世界大会「RoboCup 2022 Bangkok, Thailand」で、他のリーグ同様に推薦が必要なのか、オープン参加なのかはまだ不透明な状況ですが、RCJJ2022けいはんなの開催にあたり、下記の目的のため、オープン参加でのデモンストレーション大会をオンラインで実施します。  (参加費 無料 但し、世界大会推薦時制約あり) 

短納期での募集ですが、興味のある方は 是非トライしてみていただければ、幸いです。


デモンストレーション開催の目的

1.世界大会推薦チームの選抜

2. Rescue Simulation の紹介、普及

3. デモを通じた運営要領の構築と課題確認(スタッフ要員、機材など)

4. 技術委員の発掘、育成


参加資格

i. 年齢制限:

     ➢ 年齢上限 : ロボカップジュニア総則※に準じ、19 歳以下

           (2022 日時点)とします。

         ※ロボカップジュニア総則 

    https://junior.robocup.org/robocupjunior-general-rules/

      ➢ 年齢下限 : 制限は設けません。ただし、下記の点に留意してください。

    • インタビューなどで、自分のロボットの事に関する質問に答えることができず、「自分で作製していない」と判断された時は失格になることがあります。
    •  ロボカップ2022Bangkok 世界大会の年齢対象外のメンバーは世界大会への参加はできません。※年齢制限14 歳以上19 歳以下。(2022 日時点)


ii. チーム人数 ロボカップジュニア総則※に準じます。

    ➢ レスキュー : 2 名以上名以下


iii. その他

(推奨環境)
Webots: 2021a
Erebus: Ver. 21.2.2
Python 3.9
  •  オープン参加デモンストレーションにつき、他リーグでRCJJ2022けいはんなに参加チームもエントリ可能とする。


世界大会への推薦 (推薦枠が設定された場合)

        上位チームを世界大会へ推薦します。 但し、

  • 推薦されるチームはメンバー全員が推薦対象となる大会参加資格 (人数制限、対象年齢など)を満足すること。なお、対象年齢などの参加資格を満たさないメンバーを外して、推薦対象となる大会参加資格を満足できるチームは、推薦対象とする。
  • RCJJ2022けいはんなへ正式エントリチーム(参加費支払済)であること。
  •  他リーグで世界大会への推薦チームは対象外とする。


競技実施要領

  1. 適用ルール

    RoboCup2021 オンライン世界大会のルールに準じます。

    (必要に応じて技術委員会よりローカルルールを加える可能性がありますが,それらについては適宜案内します)

    ルール(英語)

    https://cdn.robocup.org/junior/wp/2021/06/2021_RescueSimulation_Rules_final02.pdf

  2. 競技方法
    参加チームからプログラム、走行体情報、設定環境情報を提出いただき、技術委員会のシミュレータでの実行結果により、高得点のチームを上位とする。
    同点の場合は、競技時間の短いチームを上位とする。
     

  3.   日程案
    3/27(日)  10:00-12:00  Web講習会
    4/2(土)    13:00-15:00   Web講習会 (3/27と同一内容) 
    4/8(金) 23:59  募集締切  

    4/13(水) トライアル用プログラムを 技術委員会へWeb提出
    4/16(土) シミュレータ結果を動画にて返却 (提出後 2日以内目標)
    4/21(木)    本番プログラム提出
    4/24(日) 結果公開 (“けいはんな”会場でも公開計画中)

 

エントリ

 下記Google フォームからエントリをお願いします。 
    応募締切   2022年 4月 8日(金) 23:59 


      https://forms.gle/n5RFE669H1ftEfKc7




Web講習会

 初めての方むけに 下記のデモを中心とした簡単な講習会を開催します。 参加を検討されている希望チームメンバーの他、レスキュー シミュレーションに興味・関心のあるメンター、保護者、ブロック運営関係者の方のご参加も、歓迎します。


講習会内容

Sample Program の作動確認と、操作方法のデモ

質疑(ルールなど) 


  講習会の中で、自分でシミュレータを動かしてみる方は、事前に環境構築、ルール確認ができていることが参加の前提となりますので、ご注意ください。


開催日程(予定)

3/27(日)  10:00-12:00  Web講習会

4/2(土)    13:00-15:00   Web講習会 (3/27と同一内容) 

参加申込

 下記Google フォームから応募をお願いします。締切 各開催日の前日まで。

 https://forms.gle/VtoJuJ12YNXxTrt98


なお、ご不明な点、お問い合わせの他、技術スタッフとして、参加ご希望の方は、レスキューシミュレーション技術委員会までメール[rcjj.cospace.tc@gmail.com]で連絡いただければ、幸いです。

2022年1月17日月曜日

 Cospace Rescue Challenge2022

予選会開催「中止」について


                    第二報 2022117
                          Rescue Simulation 技術委員会

 

   Cospace Rescue Challenge 2022RCJJ大会予選会に

       エントリーされたチームの皆様及び関係者の皆様へ


Cospace Rescue Challenge 2022RCJJ予選会の諸準備
を進めてまいり

ましたが、コロナの急速な感染拡大により、参加者及び関係者の健康

安全面を第一に考慮し中止とさせて頂くことになりました。

開催直前のご案内となりましたことお詫び申し上げます。

尚、エントリーされたみなさんには、3月開催予定のロボカップジュニア・

ジャパンオープン2022名古屋の推薦等について、後日連絡させて頂きます。

よろしくお願いします

 

以上
投稿 RescueSimulation技術委員会

2022年1月4日火曜日

Rescue Simulation技術委員会

 2022 ジャパンオープンでのRescue Simulation

実施競技について

 

2021/09/30 付RoboCup Federation Trustees and Execs より、「RoboCup 2021 世界大会後、the Webots-Erebus platform がRoboCupJunior Rescue Simulationの公式 simulation platformとする」
との通達があり、理事会(12/12付)で以下で進めることが了承されました。

1、Rescue simulation (Webots-Erebus platform)
  ジャパンオープンで、ワールドリーグとして、推薦チームを決定する。
  (競技実施とするか、デモ競技とするかなど、選抜方法については、1/末
   までに決定、公開する。)
  競技概要については、下記サイトを参照のこと。
  https://junior.robocup.org/robocupjuniorrescue-league-new-simulation-demonstration/

2、CoSpace Rescue Challenge/ CoSpace Autonomous Driving
  世界大会の公式リーグではなくなるが、RCAPなどSUPER REGION大会では
  継続見込みのため、ジャパンオープンは、ワールドリーグとして競技を実施
  する。競技説明(インストール方法等)については、下記サイトを参照のこと。
         https://youtu.be/0SL99qFJTaA

  ※CoSpace Autonomous Driving デモ競技として実施予定。
    (正式には、1/末までに、決定、公開する)



ロボカップジュニア・ジャパン

Cospace Rescue Challenge

2022大会予選会(ハイブリッド方式)開催について


                                                      第一報 2022年1月4日
Rescue Simulation 技術委員会

 下記要領で、Cospace Rescue Challenge 2022の予選会(ハイブリッド方式)を
 実施します。
 注) ハイブリッド方式とはコロナ禍に対応した新たな開催方式として、従来の
   「オンサイト参加」に加え、インターネットを介しての「オンライン参加」
   と合同で競技実施すること。

1、2022年度Cospace Rescue ChallengeのRCJJハイブリッド予選会開催方法
  昨年度まではRescue Simulationでは2つのブロック 
  (東日本ブロック・西日本ブロック)で大会が開催され、上位チームをRCJJに
  推薦していましたが、「Cospace Rescue Challenge」については、本予選会(ハイブ
  リッド方式)での上位チームをRCJジャパンオープンに推薦します。

2、RCJJハイブリッド予選会(Cospace Rescue Challenge種目)開催について
  (Cospace Rescue Challenge2022ハイブリッド予選開催方法)
  1)ルールは,2021オンライン世界大会のルールに準じます。
    https://cdn.robocup.org/junior/wp/2020/11/2021_RescueSimulation_Rules_final01.pdf
        (必要に応じて技術委員会よりローカルルールを加える可能性があるが
     変更については適宜案内します)

  2)競技で使用するシミュレーターについて
       CoSpace Rescue Simulator2022の最新バージョン(v22.8.2.2)を使用します。
        以下のリンクから各自ダウンロードをお願い致します。
  https://www.cospacerobot.org/download/documents/category/1-software?download=120:new-cospace-rescue-simulator-2022

  3)上記シミュレーターに対応したMAPとする

  4)大会参加費 :チームメンバー 3000円/1人
    ※参加費は当日お願いします
    オンライン参加者はメンターに振込先を連絡

  5)大会本部について
    ハイブリッド予選会の運営は、尼崎商工会議所で行います。

  6)日時について
    1月29日(土) 8時30分~17時頃
    ※1 現地参加希望チーム →8時00分に現地集合
    ※2 オンライン参加チーム→8時20分zoomに入室
       競技説明
       (zoom. ID・パスワード等後日メールで連絡)
    ※3 オンライン参加チームについては事前にWeb
       テストを実施します(後日メンターにメールで連絡)

  7)結果発表について
    ※1 当日を発表を予定していますが、競技の状況により
        後日になる場合があります。
    ※2 全国大会への推薦チームについては後日連絡します

  8)表彰について
    ※ 3位まで表彰
    ※ プレゼンテーション賞

  9)エントリーについて
    全国大会を目指すチームは全チーム必ず、下記のgoogle
    フォームで期限内に参加登録をして下さい。

    登録締切
     2022年1月16日(日)12時(正午)まで
以上

投稿 RescueSimulation技術委員会


2021年3月17日水曜日

ロボカップジュニア・ジャパン2021オンライン大会

令和3年3月17日
Rescue Simulation オンライン大会 Webテストのお知らせ(3/17更新)

下記の内容でRescue Simulationオンライン大会2021 Webテストを行います

1、Webテスト実施について
  実施日:2021年3月20日(土)9時~
    1)メールでGoogle Drive リンク先案内
   ※Google driveのリンク先をメンター及びチーム代表にメールでで連絡させて
    いただきます

    2)Map動作確認について
   Mapのダウンロード後、インストール→動作確認願います
   ※Mapについては、2つの練習Map(NO1、NO2)をアップします
   ※Mapのインストール後、添付の写真と比較しインストールできない場合は
    メールで連絡願います

    3)dllファイルの提出について
   Map(NO1)のみdllファイルを各チームの「Webテスト dll提出フォルダー」にアップロード
   願います
            ※dllファイル提出:2021年3月20日(土)~21日(日)
            ※dllファイル名:チームコードチーム名でローマ字半角「例wrs008fuji.dll」
   ※チームコードは https://www.robocupjunior.jp/entryList.htmlで確認願います

   4)本部で動作確認後、問題があれば連絡させていただきます

2、google Driveについて
        Google Driveについては 下記の内容で共有させて頂きます

    1)全チームに共有
      1)WebテストMapフォルダー(3/20-9:00~)
      2)本番Mapフォルダー(3/27-9:00~)

    2)各チームのみ共有
       (チームコードチーム名)-dll提出フォルダー
     ①Webテストdll提出フォルダー(3/20~3/21)
     ②プレゼンシート提出フォルダー(3/21~3/27-13:30まで)
     ③本番dll提出フォルダー(3/27-13:00~13:30)
以上
投稿 fujii

2019年12月13日金曜日

ロボカップジュニアジャパンオープン2020和歌山大会Rescue Simulationリーグ開催要領

ロボカップジュニアジャパンオープン2020和歌山大会
Rescue Simulationリーグ開催要領

第1報 2019年12月13日 CoSpace技術委員会


1.ロボカップジュニアジャパンオープン2020和歌山におけるRescue Simulationリーグ開催方法
  • Rescue Simulation(旧CoSpace)はレスキューリーグのサブリーグとして位置付けられる(2019和歌山川大会と同様)
  • ワールドリーグのみ実施し2020ボルドー世界大会へのチーム選抜を実施する
  • ジャパンオープンへの参加チームは2.の手順で選抜する
  • Rescue Simulationリーグブロック大会およびジャパンオープンでのルールは,2019シドニー世界大会のルールに準ずる(必要に応じて技術委員会よりローカルルールを加える可能性があるが,それについては適宜案内をする)
  • チームメンバー数,年齢制限についてはレスキューリーグに準ずる(運営指針参照)
  • 参加条件として,必ずRescue Simulationブロック大会およびジャパンオープンにてチーム関係者(メンター,保護者,OBOG)が1人以上,競技運営に協力いただけること
2.選抜方法
  • Rescue Simulationリーグについては,次の2箇所でブロック大会を開催する
    • ア)Rescue Simulationリーグ東日本ブロック大会
      2020年1月12日@埼玉大学 埼玉ブロック大会と併催
    • イ)CoSpaceリーグ西日本ブロック大会
      2020年2月1日@尼崎商工会議所 阪神ブロック大会と併催
  • 2020ボルドー世界大会への参加を目指すチームは,必ず上記2つのいずれかのRescue Simulationリーグブロック大会に参加する必要がある(重複出場は認めない)
  • 各Rescue Simulationリーグブロック大会からジャパンオープンに選抜するチーム数は,Rescue Simulationリーグブロック大会へのエントリーが締め切られた後に,Rescue Simulation技術委員会にて定めた基準にて決定する
  • 各Rescue Simulationリーグブロック大会へのエントリーフォームは,技術委員会で統一したフォームを用意する
3.エントリー方法
  • 次のフォームから西日本ブロック,東日本ブロックのどちらかにエントリーください。重複エントリーは認められません。
    Rescue Simulationエントリーフォーム(12/13開始)
  • エントリー締め切りは次の通りです。
    • 東日本ブロック大会:2020年1月5日
    • 西日本ブロック大会:2020年1月17日

4.運営ルールの公表について
  1. 技術委員会で運営ルールを作成する
  2. 競技担当理事の承認を得て、「〇年〇月〇日 技術委員会(案)」として、各競技のブログおよびジュニアジャパンのHPで公表する
  3. ジャパンオープン実行委員会からの変更が求められなかった場合、変更を求められ修正を行った場合、「〇年〇月〇日 最終決定」として公表する。

修正履歴
なし

以上

2018年12月7日金曜日

ロボカップジュニアジャパンオープン2019和歌山大会Rescue Simulationリーグ開催要領

ロボカップジュニアジャパンオープン2019和歌山大会
Rescue Simulationリーグ開催要領

第1報 2018年12月7日 CoSpace技術委員会


1.ロボカップジュニアジャパンオープン2019和歌山におけるRescue Simulationリーグ開催方法
  • Rescue Simulation(旧CoSpace)はレスキューリーグのサブリーグとして位置付けられる(2018和歌山川大会と同様)
  • ワールドリーグのみ実施し2019シドニー世界大会へのチーム選抜を実施する
  • ジャパンオープンへの参加チームは2.の手順で選抜する
  • Rescue Simulationリーグブロック大会およびジャパンオープンでのルールは,2018モントリオール世界大会のルールに準ずる(必要に応じて技術委員会よりローカルルールを加える可能性があるが,それについては適宜案内をする)
  • チームメンバー数,年齢制限についてはレスキューリーグに準ずる
  • 参加条件として,必ずRescue Simulationブロック大会およびジャパンオープンにてチーム関係者(メンター,保護者,OBOG)が1人以上,競技運営に協力いただけること
2.選抜方法
  • Rescue Simulationリーグについては,次の2箇所でブロック大会を開催する
    • ア)Rescue Simulationリーグ東日本ブロック大会
      2019年1月13日@埼玉大学 埼玉ブロック大会と併催
    • イ)CoSpaceリーグ西日本ブロック大会
      2019年2月2日@尼崎商工会議所 阪神ブロック大会と併催
  • 2019シドニー世界大会への参加を目指すチームは,必ず上記2つのいずれかのRescue Simulationリーグブロック大会に参加する必要がある(重複出場は認めない)
  • 各Rescue Simulationリーグブロック大会からジャパンオープンに選抜するチーム数は,Rescue Simulationリーグブロック大会へのエントリーが締め切られた後に,Rescue Simulation技術委員会にて定めた基準にて決定する
  • 各Rescue Simulationリーグブロック大会へのエントリーフォームは,技術委員会で統一したフォームを用意する
3.エントリー方法
  • 次のフォームから西日本ブロック,東日本ブロックのどちらかにエントリーください。重複エントリーは認められません。
    CoSpaceエントリーフォーム(12/7開始)
  • エントリー締め切りは次の通りです。
    • 東日本ブロック大会:2019年1月6
    • 西日本ブロック大会:2019年1月18日

4.運営ルールの公表について
  1. 技術委員会で運営ルールを作成する
  2. 競技担当理事の承認を得て、「〇年〇月〇日 技術委員会(案)」として、各競技のブログおよびジュニアジャパンのHPで公表する
  3. ジャパンオープン実行委員会からの変更が求められなかった場合、変更を求められ修正を行った場合、「〇年〇月〇日 最終決定」として公表する。

修正履歴
2019年1月6日 西日本大会情報追加

以上